固定電話って‥2011/06/13



会社で15年以上使ってきた固定電話機(内線、ドアホンなどの機能付き親機+ワイアレス子機3台)が、壊れたので新調した。

「今どき固定電話って必要なのか?」とか、「よりによって何で消えゆく運命のSANYOなんだよ!」とか、「なんで親機+子機2台で11900円なのに、追加の子機が1台12000円なんだよ!」とか、いろいろツッコミを入れながらも購入した。

◆固定電話を継続した理由:
会社の固定電話をなくすと、緊急連絡用に個人のiPhoneの番号を教えることになる。電話嫌いの私にとって、それはうれしくないことである。

◆SANYOである理由:
ウチのドアホンのターミナルがSANYOで、他のメーカーとは原則互換性がないらしい。壊れてもいないターミナルまで交換する気はない。

◆子機を追加しなかった理由:
昔は、ビジネスも友人もほとんど電話を使ったコミュニケーションだったが、今はメールがほとんである。ここ5年、プライベートな部屋で電話を使った記憶はない。ならば、その部屋には電話は不要。だから子機は仕事部屋だけでいい。

などいったことを考えながら、電話にまつわるさまざまな思い出がよみがえってきた。

子どものころ、はじめてウチに黒電話がやって来た日。
固定電話があってあたり前になった時代。親に聞こえないようにコードをできるだけ伸ばして彼女と会話を交わした日々。
上京して、バイトして、不動産屋(電話局より安かった)で電話の権利を買って、はじめて自分だけの電話を手にした日。

結構じじくさいなぁ。(^_^;)

コメント

_ いとう ― 2011年06月13日 10:26

なんだかんだ、仕事部屋に電話をおかない言い訳だったりして(笑)

昔は電話するのも大変でした。自分専用の延長コードを用意したり...大学生になる頃には電話嫌いになって、どうしても必要なときだけ公衆電話まで行ってかけていたのを思い出します。

_ 歯車屋 ― 2011年06月13日 13:48

固定電話の加入権って、ありましたね~。
確か8万円とか結構な金額でしたね。

確か借金の担保にも使えましたし、不要になったら買い戻しもしてもらえたはずでしたが現在も同じ価値があるんでしょうかねぇ?

電電公社→NTT→メタルから光

この課程でうやむやにされた気がするなぁ・・・。

_ クララ ― 2011年06月13日 13:54

いいですね~。固定電話だけのエピソードってやつですね(笑)

彼女と話してたってとこがなんか憧れます。
だってロマンを感じますもの~。
僕は10代なんでその頃の事は知らないですけど、なんかいいなーって思いました。

_ 五十川芳仁 ― 2011年06月14日 04:02

●いとうさん
電話線がモジュラーコンセントになる前は、「ローゼット」(電話線の引き込み口)から、半径○mが、通話エリアでしたからね。w

●歯車屋さん
電話の加入権は、私の時代で7万円ぐらい、不動産屋だと5万5000円ぐらいでしたね。
私たちが持っている権利が、現在どうなっているかと調べてみましたが、よくわかりませんね。(^_^;)

●クララさん
高校生の頃の恋愛が一番ピュアだったかもね。(^_^)
大学生になると、車や食事、おしゃれ、化粧など投下できる資本力や、家柄などのバックグラウンドが、「好き/嫌い」に影響してきますしね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム投稿が多いので質問認証を設定します。
私の名前「イソガワ」を、ひらがなで書き込んでください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://isogawa.asablo.jp/blog/2011/06/13/5909046/tb