パーツ考察 − 192010/05/20



十字型のギア(ノブホイール)。これ。
BrickLinkでは「Technic Knob Wheel」という名称で、ギアのカテゴリには入っていない。


私は、上の写真のような感じで、軸を90度方向曲げるときによく使う。


上の写真のように、ギアを使っても同じ動力伝達ができる。
しかし、十字型ギアを使う大きなメリットが2つある。

【逃げる方向に力がかからない】
通常のギアやベベルギアを使う場合、負荷が大きくなったとき、どうしても逃げる方向(上の写真でいうと左側のギアは下方向、右のギアは右方向)へ力が働く。それはフレームの分解や緩み、ギアの空回りにつながる。
十字型ギアの場合は、大きな負荷がかかってもほとんど逃げ方向への力はかからない。つまり壊れにくいということである。

【位相を合わせやすい】
二足歩行や四足歩行などのマシンを作るとき、必ず「位相」というものを意識し、合わせる必要が出てくる。たとえば「こっちの足が地面に着いているとき、あっちの足が浮いている」というような相対的な位相である。
通常のギアを使う場合、歯数分の位相(16歯なら16種類の位相)を得ることができる。細かい位相合わせができる反面、持ち運びやギアの空回りなどで位相がズレてしまった場合、16種類の位相から合わせ直さなければならない。これが、結構面倒で気を遣う作業である。
その点、十字型ギアの場合、位相のバリエーションは4種類。細かい位相の調整は全くできないが、ズレてしまったとき、ほとんど頭を使わずに簡単に直すことができる。

こういったメリット(あるいはデメリット)を理解した上で、うまく付き合えば実に便利なギアである。

コメント

_ SHG ― 2010年05月21日 16:31

これは僕も良く使ってます。しっかりかみ合うので便利ですよね。
あと、16歯ギアの代わりに使うとバックラッシュが小さくなります。(この使い方は僕はあまりしません。)

_ 五十川芳仁 ― 2010年05月22日 06:28

>16歯ギアの代わりに使うとバックラッシュが小さくなります。

なるほど。これについては気がついていませんでした。情報ありがとうございます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム投稿が多いので質問認証を設定します。
私の名前「イソガワ」を、ひらがなで書き込んでください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://isogawa.asablo.jp/blog/2010/05/19/5095562/tb