異様な物体2013/08/13



どんどんワケの分からん物体になりつつある。
1本の触手を回すと、他の触手がすべて回る。
なかなか回転も軽やかで、なんか気持ちいい。w

パーツ考察 − 70【30mmタイヤ】2013/08/11



私は比較的こじんまりした作品を好む傾向がある。どしっと大きなものより、ぎゅっと詰まった作品だ。
そんな作風の中、よく使うのが30mmサイズのタイヤである。上の写真は、ここ15年ほどの30mmタイヤの変遷である。右に行くほど新しい。

一番左のタイヤは、MINDSTORMS RCX時代によく使っていたタイヤだ。個人的にはテクニック系パーツとのデザイン的相性が一番良いように感じている。ただこのタイヤ、状況によって「ホイールとタイヤが空回りする」という致命的欠点を持っている。特に経年変化でそれが顕著に表出してきているので最近はあまり使わなくなった。

中央のタイヤは、その後に登場したタイヤ。タイヤとホイールの接触面積が大きいため空回りはほとんど起こらない。ただ、これも経年変化を含めての話だが、少々脆い。重量負荷をかけたまま放置しておくと下の写真のように欠けることがある。


欠けるまでいかなくても、小さなヒビが入っているものがいくつもある。シャフトを少し差し込んで少し斜めに力をかけてやればヒビがよく見える。

そして右端のタイヤが最新のものだ。前2つの欠点を克服した感じ。
とてもしっかりしているので、最近はもっぱらこれを使っている。同一ホイールでタイヤ違いのもの(タイヤ径は同じ)がサイエンス&テクノロジー基本セットに入っている。

作品「Firebird・EV3」公開2013/08/10



新発売のMINDSTORMS EV3を使ったオムニホイールマシン。
IRビーコン(エデュケーション版では別売、ホーム版では付属)をリモコンとして使用し、8方向への自由な移動とその場での左右の転回が可能だ。

このIRビーコンは、IRセンサーの目標物としての信号を発信したり、パワーファンクションの赤外線リモコンと互換性のある信号を発信したりすることができる。
ただ、リモコン機能に関しては大きな違いがある。縦2つのボタンの同時押しができるのだ。パワーファンクションのリモコンの場合、左右とも機械レバー式のため絶対に不可能な操作だ。つまり「リモコン状態」のバリエーションが2つ増えることになる。具体的に言えば、「パワーファンクションリモコン:8種類」が「IRビーコンリモコン:10種類」となる。このマシンの場合、この増えた分を活かして、8方向移動+2方向転回を実現している。

動画はこちら
他の写真はこちら

8軸同時回転機構2013/08/07



8軸を同時に回す機構。
簡単に言えば「立方体の8つの頂点に穴をあけてシャフトを差し込みギアの位置を調整した形」。
キモはこの三つ又のコネクタ(こちら)をどれだけ持っているか − だな。w

明日は東芝科学館2013/08/07



明日は川崎の東芝科学館で「ブロックでつくった・キカイとロボット・だいしゅうごう」。
着々と準備を整えて、本日荷物一式を搬入。

予約してくれたみんな、会うのを楽しみにしてるよ〜。

チラシはこちら。(満員御礼)

「きかいじかけのぼんさい」公開2013/08/05



ここ最近、いくつもの規則正しい形状のものを作りつつ、さまざまなギアとアングルコネクタを使って「直角じゃない」 ギアの組み合わせを体得してきた。
その技を活かして、ちょっと混沌としたものを作ってみた。

動画はこちら

こちらは4軸2013/08/05



動画はこちら


6軸同方向回転機構2013/08/04

先日の6軸同方向回転機構の軸に飾りを付けて、位相を合わせて(90度ずらしたりして)動かしてみた。
三角形ができたり、消えたり。後半は残像を残すエフェクトをかけてSF映画っぽくしてみた。

動画はこちら

高さの微妙な調整2013/08/02



四角四面の単純なモノを作るときは、ほとんどの場合、ブッシュかハーフブッシュを使えば目的とする「高さ調整」が可能である。

だが、四角四面じゃないモノや複雑なモノを作ろうとすると、いきなり細かい高さ調整が必要になってくる。そんなときに役立つのがこれらのパーツ。零点何ミリの世界だけど、これで回らなかったものが回りだしたり、届かなかったものが届くようになる。
これらを組み合わせたり、穴空きプレートなどを活用すれば、相当バリエーションが広がるはず。
ちなみに青いパーツは少し前まで「ハンドルつまみ」としてセットに入っていたパーツ。(こちら

かなり特殊な高さ調整法としては、こんな技もある。あるものは活用しないとね。(^_^)



6軸同時同方向回転機構2013/08/02



立方体の各面から垂直に伸びる軸。それらがすべて同じ方向に回る機構。
先日公開したこちら(これは一部が逆回転する)の進化形だ。


中はこんな感じ。
他にもいろいろな機構で同じ動作を作り出すことが可能だが、完全な点対称の造形をめざすとこうなる。

伝達を仲介するギアがあることで、全ギアの位相を合わせることができるようになった。動画はこちら

結局のところ、機構としては先日公開した「はなさく・わくせい」(こちら)と同じなんだな。