iPhone strap2010/09/27



「裸のiPhone持ち宣言」をしたものの、やはり少し落下の不安は残る。
だから、ストラップを付けてみた。

まず、大切な注意。
この方法で取り付けたストラップは、iPhoneが手から滑り落ちそうになったときに、それを防ぐためのもの。留め金は両面テープで接着しているだけなので、あくまでも気休め程度の強度しかないと思われます。ストラップ部分だけを持って持ち歩いたり、振り回したりすると、多分不幸が訪れます。すべて自己責任で。私も自己責任で試用中。(^_^)



それなりにiPhoneとマッチした外観。


ハンズのアクセサリーパーツ売場で見つけた。
「カンツキサラ」。漢字で「環付き皿」。
皿部分の直径は6mm。一袋に2個入り。
このお店でも売ってる。(ハンズよりずいぶん安い)


それをこの両面接着シートで貼り付けている。
カッターでチマチマとキレイに丸く切り抜く必要はない。
パンチでポンだ。
iPhoneの金属部の幅は6mm。「カンツキサラ」の直径は6mm。一般的なパンチ穴径は6mm。
どう?見事なマッチングでしょ。

もっと強力な両面テープにしたいところだが、その分、厚みが出るので見た目がカッコ悪くなる。かといって、現状復帰できないような接着剤は避けたいし。
薄くて強力な両面テープの情報をお持ちの方は、ぜひ教えて欲しい。

コメント

_ こてぃ ― 2010年09月27日 11:47

mixiの日記なら、「いいね!」をクリックしているところです。

ところで、この接着シート、垂直方向への引張りには強いけど、横からの衝撃には弱い、なんてことはないんですか。
五十川さんのことだから、そのへんにぬかりはないのでしょうけど。

因みに、私は自分が粗忽者であることをしっかり認識しているので(笑)、見た目の美しさは犠牲にして、黄色のウレタンジャケットを着せて持ち歩いています。

_ 五十川芳仁 ― 2010年09月28日 04:52

●こてぃさん
> 垂直方向への引張りには強いけど、横からの衝撃には弱い、なんてことは
特に方向性を持った弱さはないと思います。

個人的には「しっとり系」のカバーって、手に馴染む反面、チリやホコリが付きやすいって感じがしてますが、最近のはそうでもないのでしょうか。

_ こてぃ ― 2010年09月29日 06:34

ウレタンジャケット、それほどチリ・ホコリは気になりません。
ときどき、猫の毛を寄せ付ける程度です(笑)。

_ 五十川芳仁 ― 2010年09月29日 07:38

●こてぃさん

(^_^)

_ だい ― 2013年07月18日 18:28

古い記事へのコメントですいません。もう不要だとは思いますが
www.nitto.co.jp/product/datasheet/double/010/
これが、以前同じような目的で調べて使った中では強力でした。
楽天やAmazonでNo.5000NSで調べるとたくさん出てきます。

_ 五十川芳仁 ― 2013年07月19日 14:00

●だいさん
情報ありがとうございます。たしかに強力っぽいですね。こんど見つけたら入手しておきます。(^_^)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム投稿が多いので質問認証を設定します。
私の名前「イソガワ」を、ひらがなで書き込んでください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://isogawa.asablo.jp/blog/2010/09/26/5369341/tb